見積り・サンプル取得

パソコン業者に依頼して名刺を作成するといっても、名刺の作成業者は非常に多くあります。どこに依頼しても一緒というわけでは当然ありませんので、よく比較してベストと思えるところに作成を依頼することが大きな満足につながります。取り扱っている用紙、特殊加工のバリエーション、デザインの傾向、送料手数料を含めた価格、支払方法、納品までかかる日数など、比較したい要素は多いです

どこに依頼するか、決定打となる可能性が高いのは名刺のデザインです。どういうデザインが得意なのか、業者のWebサイトをチェックしてみると大体わかることもありますが、無料サンプルが取得できるようになっている業者もあります。どのような名刺を作っているのか参考になりますので、ぜひ見ておくことをおすすめします。サンプルをチェックすることにより、希望のデザインのイメージも伝えやすくなるでしょう。

ほかには、同じような用紙や加工、デザインの名刺であっても、業者ごとに値段には違いがあります。たいていの業者は無料での見積もりに対応していますので、請求してみてください。複数社の見積もりを比べてみることによって、どこが安いのかがわかります。価格が安く良質な名刺を作ってくれそうなところであれば、候補にしても失敗する可能性はだいぶ低いといえるでしょう。

自信と仕事につながる

名刺渡すお金をかけたくないということで自作の名刺を作成し使っている人は多いですが、中には名刺交換のときになんだか引け目を感じてしまうという人がいます。相手に何もいわれなくても実は自作の名刺であることがバレていて、あとで馬鹿にされてしまうのではないか、低く見られてしまうのではないかと思ってしまうといいます。とくに名刺交換をする相手が高級感のある秀逸なデザインの名刺を使っていると、自分や自分が所属している会社が負けているような気分になるという人もいます。もし、このような思いをしたくないということであれば、業者に依頼して名刺を作成することをおすすめします。

上質な用紙が使われていたり、凝ったデザインになっていたりする名刺であれば、自分に自信を持つことができます。一風変わったデザインの名刺であれば、名刺交換をする相手に覚えてもらいやすくもなるでしょう。また、その延長で「なんだか面白いアイデアを生んでくれそうな人だな。仕事を振ってみるか」と、仕事を獲得するきっかけにも十分になり得ます。実際にこのような経験をしてはじめて、名刺の重要さに気づいたという人もいます。いま使っている名刺にイマイチ自信が持てないという人は、一度業者に依頼してこだわり抜いた名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

紙質・デザイン

自分で名刺を作る最大のメリットは、業者に依頼する場合と比較して大幅に費用負担を軽くすることができるという点です。しかし、費用負担を抑えることにより、犠牲になってしまう要素があることには注意しなければいけません。それは何か、具体的には用紙の質やデザインに関することがあげられます。

まず用紙の質ですが、いまは自作向けに市販されている用紙も品質がよくなってきています。しかし、名刺作成業者が取り扱っている紙質に比べると薄っぺらいことや、フチがぎざぎざなものが多いです。安っぽい感じがどうしても拭いきれないのが自作名刺の難点のひとつです。

名刺次にデザインですが、いまはフリーソフトなどが公開されているため、テンプレートを使って誰でもそれなりの名刺が作れるようになっています。ただ、可もなく不可もなくなデザインが多いため、ほかの人と差をつけるような名刺を作るのは困難です。

デザインを勉強していたり、過去にまたは現在進行形でデザインの仕事を経験している人はよいのですが、オリジナルデザインとなると、心得がない人は素人が作ったとひと目見ただけでわかってしまうような仕上がりになることもあります。紙の安っぽさやデザインの素人感・個性のなさを避けたい人は、名刺作成業者に依頼するのがおすすめです。

名刺の作成方法

名刺の作成のしかたには主に2種類あります。ひとつは自作する方法、もうひとつは名刺作成業者に依頼する方法です。名刺を用意しなければいけなくなり、どちらの方法を選択するかで迷っている人もいるでしょう。このサイトでは業者に名刺の作成を依頼することをおすすめしています。その理由や業者選びのポイントは別のページに記載していますので、気になるという方はぜひご覧ください。

プリンターまず、自作する方法ですが、パソコンや編集ソフト、プリンタ、名刺用紙があれば名刺を作ることが可能です。パソコンやプリンタがすでにある人は、編集ソフトはフリーのものも公開されていますし、名刺用紙の費用だけで自作することが可能です。お金をかけずに名刺を作りたい人によく選ばれている作成方法です。

これに対し、名刺作成業者に依頼する方法は、依頼する側はとくに何も用意する必要がありません。自作に比べてお金はかかりますが、デザインを含めプロによるクオリティの高い名刺を作成してもらうことが可能です。デザインは依頼する側で用意し、名刺作成業者側で取り扱っている用紙の質の高さや特殊加工にこだわるという依頼のしかたも可能です。

なお、自作する場合は必要な枚数だけ印刷して使える点も魅力のひとつとしてあげることができますが、名刺作成業者に依頼する場合は100枚など最低ロットが決まっています。少量での注文ができないことが多い点が、名刺作成業者に依頼する場合の難点のひとつといえます。ただ、一度の注文枚数が多いほど、1枚あたりの値段は安くなります。